網路城邦
回本城市首頁 寮國特區之城
市長:寮國志昊建築公司  副市長:
加入本城市推薦本城市加入我的最愛訂閱最新文章
udn城市商業理財企業情報【寮國特區之城】城市/討論區/
討論區不分版 字體:
上一個討論主題 回文章列表 下一個討論主題
寮國首都永珍 VITA PARK 經濟專區稅務優惠日文版
 瀏覽521|回應0推薦0

寮國志昊建築公司
等級:5
留言加入好友

VITA PARK特区投資に当たって、下記免税と減税の優遇が受けられる。



 



営業税:特区で営業許可を所有する経営者が特区で使用、生産、加工又は販売のため輸入する商品に対し、営業税は徴収しない。特区で経営するサービス業も営業税を徴収しない。



消費税:特区で営業許可を所有する経営者が特区で使用、生産、加工又は販売のため外国又は特区以外のラオス境界内から輸入する商品に対し、使用税は徴収しない。



控除税:国内生産会社が特区内の企業に生産、加工用の商品を提供する際、免除又は控除の優遇が受けられる。但し、優遇されるのは、必ず税務機関或はその他の特区管理委員会が認可した機構に税務登録を行い、納税証明書(納税領収書、販売証明及びその他の関連資料)がある企業に限る。



禁 令:特区以外のラオス境界内の企業が特区内に輸入商品を販売するのを禁ずる。再輸出或は特区管理委員会の許可を得たものは例外とする。



有効範囲、営業税と使用税の優遇制度は特区範囲内に限る。特区での営業許可を有する企業が、特区以外のラオス境界内で経営、使用、販売及び服務は、必ずラオスの法律に従って実行しなければならない。



利益税:特区で営業許可を所有する企業の利益税の減免基準は、業界別で区分すると下記どおりである。



 



生産業界とは、生産、加工、配備、改装、原材料又は物質の性質改版。



例:家具メーカー、車配装(組立)メーカー、電子部品メーカー、製造(成産)メーカー。輸出のための製造(成産)、加工は下記の利益税減免が受けられる。



 



総生産量の70%以上輸出の場合、5-10年免税。利益が発生する年からは10%以下の税率で利益税を納付する。



総生産量の30-69%以下輸出の場合、5-7年免税。利益が発生する年からは10%以下の税率で利益税を納付する。



 



一般生産、又は総生産量の30%未満輸出の場合、利益が発生する年から5年或は5年以下の免税。以降は10%以下の税率で利益税を納付する。



商業業界とは、商品の本質を変えないで、最大パッケージを変え、直接販売。



例:輸出入貿易、三角貿易、免税商品、卸売小売等。



 



ラオス国内生産の商品(特区内のも含む)輸出貿易企業の場合、利益が発生する年から5年間利益税免税、以降は10%の税率で利益税として納付する。



中継貿易企業の場合、利益が発生する年から3年間利益税免税、以降は10%の税率で利益税として納付する。



その他の貿易企業の場合、利益が発生する年から2年間利益税免税、以降は10%の税率で利益税として納付する。



 



サービス業とは:労務提供、或は頭脳労働、機械、設備操作等の方法でサービスを提供することによって報酬をもらう。例え:運送、倉庫、建築開発、旅行、保険、高等教育、公共事務等。例:公園、観光地サービス等。



 



特区で営業許可を所有する企業の投資額による利益税の減免基準は下記参照。



投資額  5万─14.9万ドル:利益が発生する年から2年間免税、以降は10%納付。



投資額15万─29.9万ドル:利益が発生する年から4年間免税、以降は10%納付。



投資額30万─49.9万ドル:利益が発生する年から6年間免税、以降は10%納付。



投資額50万─199.9万ドル:利益が発生する年から8年間免税、以降は8%納付。



投資額 200万ドル以上:利益が発生する年から10年間免税、以降は8%納付。



職業教育、普通教育(小学、中学)は利益税免除実行。



 



個人所得税:会社で働いている給料や報酬を受け取る投資者、幹部、技術者、労働者等会社の従業員の収入を個人収入と総称する。



 



外国人:7



 



ラオス人或はラオス人の海外に居住している同胞:月収60万キップ以上の場合、7%の税率で納付する。



 



配当(红利)税:利益税の免除期間が過ぎたら、特区で経営する株式制企業(2名以上の株主)は、配当税5%を納付しなければならない。



 



最低税:特区に所有している企業は、最低税を免除する。



輸出税:特区から国外に輸出する全ての商品について、輸出税(特産税含む)を免除する。



輸入税:全ての特区内の輸入税を免除する。



販売済みの代替車両の輸出入については、特区管理委員会が実情によって許可する。


回應 回應給此人 推薦文章 列印 加入我的文摘

引用
引用網址:https://city.udn.com/forum/trackback.jsp?no=61091&aid=4753128