網路城邦
回本城市首頁 音樂故事
市長: 傻傻  副市長: 小帥哥~女人可以這樣過日子 Nan◎v◎
加入本城市推薦本城市加入我的最愛訂閱最新文章
udn城市人文藝術音樂【音樂故事】城市/討論區/
討論區好歌曲 - 罕見區 字體:
看回應文章  上一個討論主題 回文章列表 下一個討論主題
Kokia吉田亞紀子-白雪
 瀏覽895|回應1推薦4

傻傻
等級:8
留言加入好友
文章推薦人 (4)

霧半兩
lubird
寶鴨鴨
Nan



白雪 -Kokia吉田亞紀子- (海豚灣戀人插曲)



溢(あふ)れる淚(なみだ)から生(う)まれる雪(ゆき)の結晶(けっしょう)

次(つぎ)から次(つぎ)へと生(う)まれては 消(き)えてゆく

一瞬(いっしゅん)の輝(かがや)きに賭(か)けた人生(じんせい)

もう言(い)い殘(のこ)すことはないと 堅(かた)く口(くち)を 閉(と)ざした

沈黙(ちんもく)の中(なか)で押(お)し寄(よ)せる感情(かんじょう)が凍(こお)りつきてく



白(しろ)く污(けが)れを知(し)らない雪(ゆき)だからこそ

はかなく消(き)えていった

白(しろ)く污(けが)れを知(し)らない雪(ゆき)たからこそ

傷(きず)つきやすかった



靜(しず)かに忍(しの)び込(こ)む (寄る) 終(お)わりの時(とき)に気(き)づかず

無邪気(むじゃき)にはしゃいだ時(とき)はだた過(す)ぎてく

小(ちい)さな吐息(といき)が白(しろ)い跡(あと)を殘(のこ)して

閉(と)ざされた世界(せかい)に立(た)ちすくみ

冷(ひ)えきったその手(て)は

もうどんなぬくもりも感(かん)じないと

凍(こお)りついてく



白(しろ)く污(けが)れを知(し)らない雪(ゆき)だからこそ

はかなく消(き)えていった

白(しろ)く污(けが)れを知(し)らない雪(ゆき)たからこそ

傷(きず)つきやすかった



生(う)まれたことの意味(いみ)も知(し)らずに

消(き)えてゆく存在(そんざい)に誰(だれ)も気(き)づかず

人(ひと)の笑(わら)いに押(お)しつぶされて

孤独(こどく)と 手(て)を結(むす)んだあの子(こ)は最期(さいご)に

笑(わら)ってた



白(しろ)く汚(けが)れを知(し)らない雪(ゆき)だからこそ

はかなく消(き)えていった

白(しろ)く汚(けが)れを知(し)らない雪(ゆき)たからこそ

傷(きず)つきやすかった



降(ふ)り 積(つ)もる雪(ゆき)たちは

あなたの生(い)きた証(あかし)さえも 残(のこ)さす白(しろ)くしてゆく

降(ふ)り 積(つ)もる雪(ゆき)たちは

あなたの生(い)きた証(あかし)さえも 残(のこ)さす白(しろ)くしてゆく



白(しろ)く汚(けが)れを知(し)らない雪(ゆき)だからこそ

はかなく消(き)えていった

白(しろ)く汚(けが)れを知(し)らない雪(ゆき)たからこそ

傷(きず)つきやすかった



遠(とお)く聞(き)こえるあの子(こ)の声(こえ)

白(しろ)い雪(ゆき)の足跡(あしあと)





 




中文翻譯:

晶瑩的白雪來自奪框而出的淚
一個接著一個的湧現又消失
為了一剎間的光輝而賭上全部的人生
緊閉的雙唇什麼話都沒有說
沉默之中泉湧的感覺攸地凍結
什麼都不知道的白雪
短暫停留又不消失
什麼都不知道的白雪
很容易受傷
寂靜之中沒有發覺結局已俏俏接近
純真的心情這樣經過
輕輕的嘆息只留下白色的痕跡
在被封閉的世界中呆立不動
凍僵的手呀
無法再感受到溫暖
凍結了
什麼都不知道的白雪
短暫停留又不消失
什麼都不知道的白雪
很容易受傷
不知道為何而生的意義
沒有人發覺存在時就消失了
充滿了陌生人的感覺
臨死時被孤獨纏繞著的人呀...也笑了
什麼都不知道的白雪
短暫停留又不消失
什麼都不知道的白雪
很容易受傷
厚厚的白色的積雪
能證明你曾來過這世界
厚厚的白色的積雪
能證明你曾來過這世界
什麼都不知道的白雪
短暫停留又不消失
什麼都不知道的白雪
很容易受傷

回應 回應給此人 推薦文章 列印 加入我的文摘

引用
引用網址:http://city.udn.com/forum/trackback.jsp?no=54820&aid=2834717
 回應文章
語法
推薦1


傻傻
等級:8
留言加入好友

 
文章推薦人 (1)

寶鴨鴨

<center><table bordercolor="#ffffff" cellspacing="0" cellpadding="0" bgcolor="#ffffff" border="0"><tbody><tr><td><embed src="http://mapa.cafe24.com/card/mapa_card_letter_557/mapa_card_letter_557.swf" width="572" height="792" type="application/x-shockwave-flash" wmode="transparent" /> <div style="LEFT: -720px; POSITION: relative; TOP: -755px"><div id="layer1" style="Z-INDEX: -1; LEFT: 750px; WIDTH: 450px; POSITION: absolute; TOP: -20px; HEIGHT: 600px"><pre><p style="MARGIN-LEFT: 20px"><font style="FONT-SIZE: 10pt; LINE-HEIGHT: 14px" face="arial" color="#ffffff">
白雪  -Kokia吉田亞紀子-  (海豚灣戀人插曲)

溢(あふ)れる淚(なみだ)から生(う)まれる雪(ゆき)の結晶(けっしょう)
次(つぎ)から次(つぎ)へと生(う)まれては 消(き)えてゆく
一瞬(いっしゅん)の輝(かがや)きに賭(か)けた人生(じんせい)
もう言(い)い殘(のこ)すことはないと 堅(かた)く口(くち)を 閉(と)ざした
沈黙(ちんもく)の中(なか)で押(お)し寄(よ)せる感情(かんじょう)が凍(こお)りつきてく

白(しろ)く污(けが)れを知(し)らない雪(ゆき)だからこそ
はかなく消(き)えていった
白(しろ)く污(けが)れを知(し)らない雪(ゆき)たからこそ
傷(きず)つきやすかった

靜(しず)かに忍(しの)び込(こ)む (寄る) 終(お)わりの時(とき)に気(き)づかず
無邪気(むじゃき)にはしゃいだ時(とき)はだた過(す)ぎてく
小(ちい)さな吐息(といき)が白(しろ)い跡(あと)を殘(のこ)して
閉(と)ざされた世界(せかい)に立(た)ちすくみ
冷(ひ)えきったその手(て)は
もうどんなぬくもりも感(かん)じないと
凍(こお)りついてく

白(しろ)く污(けが)れを知(し)らない雪(ゆき)だからこそ
はかなく消(き)えていった
白(しろ)く污(けが)れを知(し)らない雪(ゆき)たからこそ
傷(きず)つきやすかった

生(う)まれたことの意味(いみ)も知(し)らずに
消(き)えてゆく存在(そんざい)に誰(だれ)も気(き)づかず
人(ひと)の笑(わら)いに押(お)しつぶされて
孤独(こどく)と 手(て)を結(むす)んだあの子(こ)は最期(さいご)に
笑(わら)ってた

白(しろ)く汚(けが)れを知(し)らない雪(ゆき)だからこそ
はかなく消(き)えていった
白(しろ)く汚(けが)れを知(し)らない雪(ゆき)たからこそ
傷(きず)つきやすかった

降(ふ)り 積(つ)もる雪(ゆき)たちは
あなたの生(い)きた証(あかし)さえも 残(のこ)さす白(しろ)くしてゆく
降(ふ)り 積(つ)もる雪(ゆき)たちは
あなたの生(い)きた証(あかし)さえも 残(のこ)さす白(しろ)くしてゆく

白(しろ)く汚(けが)れを知(し)らない雪(ゆき)だからこそ
はかなく消(き)えていった
白(しろ)く汚(けが)れを知(し)らない雪(ゆき)たからこそ
傷(きず)つきやすかった

遠(とお)く聞(き)こえるあの子(こ)の声(こえ)
白(しろ)い雪(ゆき)の足跡(あしあと)
</font>

</font /></p></pre></div></div></td></tr></tbody></table></center><p> </p><p /><p><embed style="FILTER: Alpha(Opacity=100,style=3)" src="http://4.mms.blog.xuite.net/4/5/f/f/14192573/blog_220811/dv/5340609/5340609.mp3" width="280" height="25" type="text/html;charset=Big5" autostart="true" loop="true" volume="0" />

回應 回應給此人 推薦文章 列印 加入我的文摘
引用網址:http://city.udn.com/forum/trackback.jsp?no=54820&aid=2834724